イラストを描いてみた

投稿日:

どうもCoulです。

このサイト(もといブログ)を公開するにあたって、素材があんまりない事に気づきました。
現在鋭意制作中なわけですが、イラストの簡単サムネイルとしてラフイラストを作りました。

制作時間は40分ぐらい。
構想の方が時間かかっちゃいましたけど・・・。

イラストテスト-sen

線のラフをシャカシャカと描いていきます。
基本的にこのぐらいだとアタリは取らずに描きます。

アタリはちゃんと構想を練る時はもちろん取った方が良いです。
ただ時間の都合や慣れでどうにかなる部分があるのも確かなので、そこはあまり知らない構図の時は
ちゃんとアタリを取った方が良いですね!

そもそもアタリって何?
簡単に言うと

構図のバランスを取るために簡単な場所や配置を決める

語源はアメリカの会社名らしい

ほとんどの場合、上記の意味で取られています。

今回の塗りはデジタル版グリザイユです。
デジタルの場合はとっても楽ができます。
アナログの方はあまり知らないので、何とも言えません!

具体的な筆の不透明度や、塗り方などは今度まとめて記事にしてみます。
まずはモノクロで。

イラストテスト-リキテックス

こんなんになりました。
適当過ぎてはみ出してますが気にしません。

次にオーバーレイで、色を塗ります。
新規レイヤーを作成して、オーバーレイにして、塗りたい色をピックアップして
そのままガシガシ塗りましょう。

こんな感じになりました。
イラストテスト-nuri1

眼の色とかをつけます。
イラストテスト-nuri2

本当はここからさらに塗りこみ、主線が見えない感じで厚塗りにすればちゃんとしたイラストになります。
が、少々時間がないのでここまでで。

男性の横顔も線が太すぎるので本当はもっと輪郭を調整すべきですが・・・。

ラフ線から描くときはこんな感じです。

もっと素早く描く場合はいきなりモノクロから描きます。
ラフ線画なしってやつですね。

そちらもまた機会があれば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です