IT入門者向けの入門マニュアル

IT/WEB

サイトの制作に当たってのメモ
こう書くとよくある記事になってしまいます。
なので、入門者向けの入門マニュアルって事にしてみました。

難しい言葉を使っても余計にわかりにくくなるので、わかりやすくまとめましょう。

■インターネットって?

■ホームページって?

■作り方は?

今日は3つの手順でお送りします。

■インターネットって?
インターネットはTCP/IPを用いて・・・うんたらかんたら
プロトコルの話などしてもほぼ使う事はないです。

基本的には元々電話回線を使って遠距離の人とデータのやり取りをしていました。
23時からのテレホーダイなど懐かしいですね。
今の時代はADSLや光回線など言われてますが、基本的にはインターネットという世界があって
そこに参加するイメージです。

そこには現実と同じで色々な人がいます。
現実と違う部分は以下の通り

・匿名性が高い
・触れない
・データにできる物は全てデータになっている。

今の時代インターネットがあれば何でもできると思いがちですが、そうではないです。
当たり前ですが、存在するようで存在しません。
存在はしないのですが、価値はあります。
それがネットビジネスなどにつながるので、社会に根付いてしまった部分でもあります。

社会に根付いたという事は、これからの時代はパソコンとインターネットの最低限の知識が
必要になってきます。
そう、テレビを付ける知識や蛇口をひねる知識など、最低限の知識として身に着けておかなければなりません。
それがこれからのインターネットです。

■ホームページって?
ホームページってよく言いますけど何でしょうか?
ちなみに皆さんが見ているのはブラウザというツールを使ってインターネットに参加しています。
簡単に言うとインターネットに通じるドアを開いて、そこを通ってホームページやサイトに行ってるのです。

実は貴方もホームページを作れますし、その土地が多分あると思います。
そう、家を考えればわかりやすいですよね。
ちなみに土地とはインターネットに繋いだ段階で多分プロバイダからもらっていると思います。
が、難しい話になるのでここではしません。

貴方のドアを開いて、他の人のホームページに行きました。⇒玄関を開けて、他の人の家に行きました。
こういう事です。
でも住所がわかりません。
住所は英語でAddressといいます。アドレスの事ですね。
よくURLやURIとも言われます。

玄関を開いて、住所がわかれば、他の人の家に行けます。
要するに
ブラウザを開いて、アドレスを入力すれば、目的のホームページを開けます。

こんな感じで想像してみましょう。

■作り方は?
まず無料で作れます。
メモ帳で作れます。

試しにメモ帳を開いて

<html>
  <head>
  </head>
  <body>
    ここがタイトル<br>
   <font color="red">ここにメモ</font><br>
  </body>
</html>

をコピー&ペーストしてみてください。

閉じる前に、名前を付けて保存をしましょう。
左上の方にある、ファイルをクリックして、名前を付けて保存でできます。
名前をつける時、最後に.htmlとつけるのを忘れないように!

これでカンタンなページができました。
このページ(家)をあなたのスペース(土地)にアップロード(建てれば)あなたのホームページが
インターネットの世界に反映されます。

実はパソコンの講師もしているので、入門者向けに制作している一部の説明として
ブログにも掲載してみました。

初心に帰ってこんな風に想像しながら、覚えていく事、説明する事も大事かもしれませんね。